コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハフィントン・ポスト はふぃんとん・ぽすと The Huffington Post

1件 の用語解説(ハフィントン・ポストの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ハフィントン・ポスト

世界最大級のソーシャルニュースサイト。通称ハフポスト。米国で2005年5月に創設された。各種のニュースメディアや論説ブログを中心に運営されており、ブログには多くの著名人が参加している。各記事にはアカウントを有する人なら誰でもコメントを投稿することができ、スレッド状に展開しながらネットでの議論がされていく。記事の閲覧、アカウント登録は無料。月間4600万人が閲覧、約3万人のブロガーが寄稿し、投稿されるコメントは月間800万件以上。
12年、イラクアフガニスタンの戦争で負傷した米兵についての連載記事で、優れたジャーナリズムに与えられるピュリツァー賞を受賞した。また、創始者のアリアナ・ハフィントンは、米誌「TIME」で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれている。
13年5月7日には、朝日新聞社との合弁会社であるザ・ハフィントン・ポストジャパン株式会社の運営により、日本版ハフポスト(http://www.huffingtonpost.jp/)がスタートした。ヨーロッパでは英、仏などで各国版が運営されてきたが、アジアでは日本版が初めてである。日本版では、米国版からの翻訳記事、オンラインニュースのほか、ジャーナリスト田原総一朗氏、旧ライブドア社元社長の堀江貴文氏、元NHKのジャーナリスト堀潤氏らによるブログが展開される。編集長は、旧ライブドア社出身で、ブログメディア「ブロゴス」等でメディア経験豊富な松浦茂樹氏が務める。
これまで、日本のネットメディアでは、「炎上」などの混乱を起こさずに建設的議論展開を進めることが難しいといわれてきた。日本版ハフポストでは、コメント投稿に関するガイドラインを設け、これに沿った「品位のある環境」(ハフィントン・ポスト)を保つために、モデレーションチームと呼ばれるスタッフを中心に、コメントを事前にチェックするなどの監視を行う。松浦編集長は、「インターネット上に良質な言論空間を作りたい」としている。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハフィントン・ポストの関連情報