ハボック(読み)はぼっく

世界大百科事典内のハボックの言及

【駆逐艦】より

…これはやや大きめの水雷艇に速射砲や機関砲を積んだだけのものであったため,しだいに廃れ,代わって90年代の初めには,水雷艇を大型化し速力,砲力も優れ航洋性が増大した水雷艇駆逐艦が出現した。93年イギリス海軍は,小型砲4門と水上および艦首水線部に総計3基の魚雷発射管を装備した〈ハボック〉(長さ約55m,幅5.6m,排水量240トン,速力27ノット)を建造し,新たに駆逐艦という艦種に分類した。 水雷艇に比べ高性能な駆逐艦は,水雷艇に代わる艦艇攻撃用の艦として,20世紀初頭以降各国海軍によって積極的に採用されるようになった。…

※「ハボック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android