コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマウツボ(浜靫) ハマウツボ Orobanche coerulescens; broomrape

2件 の用語解説(ハマウツボ(浜靫)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマウツボ(浜靫)
ハマウツボ
Orobanche coerulescens; broomrape

カワラヨモギに寄生するハマウツボ科の一年草。アジアから東ヨーロッパの温帯から熱帯に広く分布し,日本でも各地の海岸の砂地に生える。全体に葉緑素を欠き,黄褐色を呈する。根茎は塊状に太く肥厚し,肉質のひげ根で宿主の根につく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハマウツボ【ハマウツボ(浜靫) Orobanche coerulescens Steph.】

海岸や川原に生えるヨモギ属の根に寄生するハマウツボ科の一年草(イラスト)。茎は黄褐色で太く,高さ10~25cm,鱗片葉がまばらにつく。葉は狭卵形または披針形で膜質,長さ1~1.5cm。5~7月,直立する茎の上部に穂状花序をつくり,淡紫色の花を密につける。唇形花冠は長さ約2cm,筒形で先は5裂し,唇形となる。おしべは4本,2本ずつ長さが異なる。子房は1室で,多数の胚珠をもつ。果実は狭楕円形の蒴果(さくか)で,長さ約1cm,2裂して多少の微小な種子をだす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハマウツボ(浜靫)の関連キーワード男艾浜靫引艾蓬の宿蓬餅肝毛頭虫ヨモギ(艾∥蓬)ヨモギ属

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone