コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマサンゴ(浜珊瑚) ハマサンゴ Porites tenuis

1件 の用語解説(ハマサンゴ(浜珊瑚)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハマサンゴ【ハマサンゴ(浜珊瑚) Porites tenuis】

花虫綱六放サンゴ亜綱ハマサンゴ科の腔腸動物(刺胞動物)。伊豆半島以南の暖海に分布し,水深15m以浅に産し,干潮線上にも露出する。大きなものでは直径2mくらいの岩のような群体になり,表面には瘤状の突起が多い。造礁サンゴとして重要な種類である。ポリプが生ずる莢(きよう)は小さく,直径1~1.5mm,莢壁がうすく,ときに不鮮明になり,多孔質である。ポリプの色彩には灰褐色や緑色などがあり,おのおのの莢から小さなポリプを群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハマサンゴ(浜珊瑚)の関連キーワード花虫類赤珊瑚石珊瑚管珊瑚珊瑚白珊瑚八放珊瑚六放珊瑚黄珊瑚桃色珊瑚

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone