コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマサンゴ(浜珊瑚) ハマサンゴPorites tenuis

世界大百科事典 第2版の解説

ハマサンゴ【ハマサンゴ(浜珊瑚) Porites tenuis】

花虫綱六放サンゴ亜綱ハマサンゴ科の腔腸動物(刺胞動物)。伊豆半島以南の暖海に分布し,水深15m以浅に産し,干潮線上にも露出する。大きなものでは直径2mくらいの岩のような群体になり,表面には瘤状の突起が多い。造礁サンゴとして重要な種類である。ポリプが生ずる(きよう)は小さく,直径1~1.5mm,莢壁がうすく,ときに不鮮明になり,多孔質である。ポリプの色彩には灰褐色や緑色などがあり,おのおのの莢から小さなポリプを群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android