コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマシギ(浜鷸) ハマシギdunlin

翻訳|dunlin

世界大百科事典 第2版の解説

ハマシギ【ハマシギ(浜鷸) dunlin】

チドリ目シギ科の鳥(イラスト)。全長約21cm。北極圏のツンドラ帯で繁殖し,冬はアフリカ,南アジア,アメリカなどに渡る。日本には冬鳥または旅鳥として多数渡来する。くちばしはやや長くて少し下に曲がり,脚は短い。夏羽は頭上から背,肩羽,腰が赤褐色で黒い縦斑があり,上尾筒の中央は黒くて両側は白く,尾も中央は黒くて外側尾羽は灰色である。下面は白く,顔から胸には細い黒色縦斑があり,腹部には大きな黒色斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android