コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマジンチョウ(浜沈丁) ハマジンチョウ Myoporum bontioides

2件 の用語解説(ハマジンチョウ(浜沈丁)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマジンチョウ(浜沈丁)
ハマジンチョウ
Myoporum bontioides

ハマジンチョウ科の常緑低木。本州 (志摩半島) ,九州 (五島列島,天草,鹿児島県西部以南) ,琉球列島,台湾,中国大陸中南部に分布し,海岸の岩場に生える。高さ約 1mで全株無毛。葉は肉質,長楕円形で先が鋭くとがり,長さ5~10cm,幅2~3.5cm,基部は次第に葉柄に移行する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハマジンチョウ【ハマジンチョウ(浜沈丁) Myoporum bontioides A.Gray】

暖地の海岸湿地に生えるハマジンチョウ科の低木または小高木。葉は互生し,単葉,多肉質で,倒披針形または長楕円形,長さ6~12cm,先端は細長くとがり,基部は狭長,ふちは全縁または先端に少数の浅い鋸歯があり,両面とも無毛,側脈は3~4対。初夏,葉腋(ようえき)に1~3個の花をつけ,花冠は漏斗状,長さ2.5~3cm,直径2cmぐらい,淡紅紫色,裂片は5枚で長楕円形をなし,内部に紫の斑点がある。花梗は細く長さ1.5~2cmで,上方はやや太くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハマジンチョウ(浜沈丁)の言及

【佐敷[町]】より

…旧跡として,尚巴志が按司であったときの居城であった佐敷上城(うえぐすく)がある。富祖崎海岸一帯のハマジンチョウ(ジンチョウゲに似た常緑植物)は県の天然記念物に指定されている。【堂前 亮平】。…

※「ハマジンチョウ(浜沈丁)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハマジンチョウ(浜沈丁)の関連キーワード錫杖草蛸の足丁子菊浜薊浜苦菜浜木綿雛桔梗風藤葛浜沈丁ハマジンチョウ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone