コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマジンチョウ(浜沈丁) ハマジンチョウMyoporum bontioides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマジンチョウ(浜沈丁)
ハマジンチョウ
Myoporum bontioides

ハマジンチョウ科の常緑低木。本州 (志摩半島) ,九州 (五島列島,天草,鹿児島県西部以南) ,琉球列島,台湾,中国大陸中南部に分布し,海岸の岩場に生える。高さ約 1mで全株無毛。葉は肉質,長楕円形で先が鋭くとがり,長さ5~10cm,幅2~3.5cm,基部は次第に葉柄に移行する。1~5月,葉腋に数花を束生し横向きに開く。花柄は長さ約 2cm,鐘形で5深裂し,裂片は披針形で鋭尖頭。花冠は淡紅紫色,漏斗状で長さ2~2.5cm,内面に濃赤褐色の斑紋があり,裂片は楕円形で鈍頭。果実は卵状球形で先がとがり,淡褐色に熟する。内果皮は木質で厚く,長楕円形の種子が数個入り,これが潮に流されて広がる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハマジンチョウ【ハマジンチョウ(浜沈丁) Myoporum bontioides A.Gray】

暖地の海岸湿地に生えるハマジンチョウ科の低木または小高木。葉は互生し,単葉,多肉質で,倒披針形または長楕円形,長さ6~12cm,先端は細長くとがり,基部は狭長,ふちは全縁または先端に少数の浅い鋸歯があり,両面とも無毛,側脈は3~4対。初夏,葉腋(ようえき)に1~3個の花をつけ,花冠は漏斗状,長さ2.5~3cm,直径2cmぐらい,淡紅紫色,裂片は5枚で長楕円形をなし,内部に紫の斑点がある。花梗は細く長さ1.5~2cmで,上方はやや太くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハマジンチョウ(浜沈丁)の言及

【佐敷[町]】より

…旧跡として,尚巴志が按司であったときの居城であった佐敷上城(うえぐすく)がある。富祖崎海岸一帯のハマジンチョウ(ジンチョウゲに似た常緑植物)は県の天然記念物に指定されている。【堂前 亮平】。…

※「ハマジンチョウ(浜沈丁)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハマジンチョウ(浜沈丁)の関連キーワード暖地

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android