ハマタイゲキ(浜大戟)(読み)ハマタイゲキ(英語表記)Euphorbia atoto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマタイゲキ(浜大戟)
ハマタイゲキ
Euphorbia atoto

トウダイグサ科の多年草。別名スナジタイゲキ。種子島,屋久島,琉球列島,台湾,マレーシアに分布し,海岸の砂地に生える。茎は叢生,分枝し,葉とともに多肉で太く,全株無毛,ときに基部近くは木質化する。葉は対生し長楕円状卵形で鈍頭,長さ約 3cm,幅約 1cm。花期は7~8月。集散花序を頂生または腋生する。花序の腺体は横長の楕円形ないし卵形。蒴果は径約 3mm,無毛で表面に凹凸がない。種子は径約 1mm,球形でかすかに4稜がある。茎葉がより密生する近縁種のボロジノニシキソウ E.sparrmanniは大東島に産するほか,ミクロネシア,オーストラリアに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android