コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマナツメ(浜棗) ハマナツメ Paliurus ramosissimus

2件 の用語解説(ハマナツメ(浜棗)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマナツメ(浜棗)
ハマナツメ
Paliurus ramosissimus

クロウメモドキ科の落葉低木で,サルカキイバラともいう。中部日本以西の暖地の海岸近くに生える。多数分枝し,小枝はジグザグに曲り,若枝には毛がある。葉は卵形で先端がへこみ縁に鈍鋸歯があって,若葉には下面に毛が疎生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハマナツメ【ハマナツメ(浜棗) Paliurus ramosissimus (Lour.) Poir.】

暖かい地方の海岸近くに生え,ナツメによく似た葉をつけるクロウメモドキ科の落葉灌木。基部から株立ちし,徒長枝には托葉の変形したとげがある。葉は卵円形で,細かい鈍鋸歯があり,3脈が顕著。表面は無毛でつやがある。花は8月ころ,枝の上部の葉腋(ようえき)に数個ずつつく。淡緑色で,萼片は三角形で5枚,花弁は萼片と互生し,ごく小型で,内におしべを包み込む。黄緑色の花盤があり,それに埋まるようにめしべがある。果実はコルク状の組織に包まれた乾果で,径約1.5cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハマナツメ(浜棗)の関連キーワード黒松暖地夏目浜棗まてば椎木茘枝目白酸漿ノジギクテンノウメ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone