コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマビワ(浜枇杷) ハマビワLitsea japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマビワ(浜枇杷)
ハマビワ
Litsea japonica

クスノキ科の常緑高木で,西日本の暖地海岸の照葉樹林中に生える。ケイジュ (桂樹) ともいう。高さ 7mぐらいになり樹皮は濃褐色。葉は有柄で互生し,厚い革質の長楕円形で,裏面は黄褐色の綿毛が密生し,長さ 10cmほどで,シャクナゲの葉を思わせる。秋に,葉腋から数個の黄白色の花をつけ絹毛をかぶる。雌雄異株花被は6深裂する。おしべは花被より長く9本ある。液果は楕円形で熟すると碧紫色になる。ハマビワの名は葉の形状によるもので,果実は食べられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハマビワ【ハマビワ(浜枇杷) Litsea japonica (Thunb.) Juss.】

沿海地に生育するクスノキ科の常緑小高木で,高さ7mほどになる。葉は互生し,葉身は厚い革質で長さ7~15cm,幅3~5cmの長楕円形,全縁。葉の表は暗緑色で光沢があり,裏には黄褐色の軟毛が密生する。葉柄は2~3.5cm。雌雄異株で,花は淡黄緑色の小花,10月ころ5~6花ずつが,基部を3~5枚の総苞片に包まれて,葉腋(ようえき)から生ずる。花被は先が6裂する。雄花のおしべは9~12本で3~4輪に並び,花被から超出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android