ハミルトン(読み)はみるとん(英語表記)Sir William Hamilton

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハミルトン(Sir William Hamilton)
はみるとん
Sir William Hamilton
(1788―1856)

イギリスの哲学者、論理学者。エジンバラ、オックスフォード大学に学ぶ。エジンバラ大学教授。スコットランド学派に属すが、カントの強い影響を受ける。トーマス・リードと同じく、知覚において対象は直接に知られると説く。しかしその認識は、対象の表象ないし現象を通してなされるものであり、媒介物や感覚器官による変容を受けるとして、相対主義的傾向を示した。そこからカントの二律背反に近い議論も展開する。論理学では賓辞(ひんじ)(命題の主辞について述べられることば)の量化を試み、これを論理学への大きな貢献と考えた。著書に『哲学・文学論集』(1852)、『形而上(けいじじょう)学・論理学講義』(1859~1860)など。リードやスチュアートDugald Stewart(1753―1828)の編者としても知られている。[小池英光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハミルトンの関連情報