コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミード・ウッディーン ハミード・ウッディーン Ḥamīd al-Dīn

2件 の用語解説(ハミード・ウッディーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハミード・ウッディーン
ハミード・ウッディーン
Ḥamīd al-Dīn

[生]? バルフ
[没]1163
ペルシアの文学者。バルフにおいて法官をつとめた。アラビア文学で名高いハマダーニーハリーリーの『マカーマート』にならって,1156年ペルシア語で 24のマカーマ (語り物文学) から成る『ハミードのマカーマート』 Maqāmāt-e Hamīdīを執筆。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハミード・ウッディーン
はみーどうっでぃーん
amd al-Dn
(?―1163)

ペルシアの文人。バルフで裁判官を務め、1156年、語り物文学の粋『マカーマート』を執筆した。アラビア文学で著名な『マカーマート』に倣いペルシア語で書かれたこの書は、セルジューク朝後期におけるもっとも技巧的、華麗な文体の作品としてペルシア散文史上に特筆され、後世に大きな影響を与えた。とくに同時代の詩人、文人にきわめて高く評価された。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハミード・ウッディーンの関連キーワード階乗NエヌN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībek KhānPoliteia tōn RomaiōnN,N′-エチレンビスコバルト(II)N,N´-サリチリデンアミナトコバルト(II)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone