コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミード・ウッディーン ハミード・ウッディーンḤamīd al-Dīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハミード・ウッディーン
Ḥamīd al-Dīn

[生]? バルフ
[没]1163
ペルシアの文学者。バルフにおいて法官をつとめた。アラビア文学で名高いハマダーニーハリーリーの『マカーマート』にならって,1156年ペルシア語で 24のマカーマ (語り物文学) から成る『ハミードのマカーマート』 Maqāmāt-e Hamīdīを執筆。これは中世ペルシア文学史上,華麗,技巧的文体の手本として高く評価され,後世の散文文学にかなりの影響を及ぼした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハミード・ウッディーン
はみーどうっでぃーん
amd al-Dn
(?―1163)

ペルシアの文人。バルフで裁判官を務め、1156年、語り物文学の粋『マカーマート』を執筆した。アラビア文学で著名な『マカーマート』に倣いペルシア語で書かれたこの書は、セルジューク朝後期におけるもっとも技巧的、華麗な文体の作品としてペルシア散文史上に特筆され、後世に大きな影響を与えた。とくに同時代の詩人、文人にきわめて高く評価された。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハミード・ウッディーンの関連キーワード長寛長寛勘文労働審判家電リサイクル法応保説文解字長寛ノートルダム大聖堂北条義時源光行