コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハムザ・イブン・アリー ハムザ・イブン・アリー Hamzah ibn `Alī

1件 の用語解説(ハムザ・イブン・アリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハムザ・イブン・アリー
ハムザ・イブン・アリー
Hamzah ibn `Alī

[生]?
[没]1021頃
イスラム教シーア派ドルーズ派の創始者。ファーティマ朝第6代カリフのハーキムの在位中に,彼を神とみなす運動が起ったが,ハムザはそれに加わり,やがてその最高指導者となった。この運動はカイロに本拠をおいたが,むしろシリアに広がった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハムザ・イブン・アリーの関連キーワード階乗代数学の基本定理Nイスラム帝国汎イスラム主義イスラム債券イスラム聖戦機構イスラム諸国会議イスバハーニーDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone