ハムシン(読み)はむしん

世界大百科事典内のハムシンの言及

【風】より

…砂漠上の高温な大気に相対的に冷たい大気が侵入し,強い対流現象が起こるために発生する。 ハムシンkhamsinカムシンともいう。エジプトで春に吹く南寄りの風で,大量の砂ほこりを運んできて,視程がきわめて悪くなる。…

【ジブチ】より

…北緯12゜線にまたがる国土は,熱帯乾燥気候下にあり,海に面しながらその恩恵をあまり受けてはいない。低地部では,月平均気温は25~34℃,平均年降水量は150mm以下,10~4月は比較的しのぎやすい雨季であるが,ハムシンと呼ばれる北寄りの熱風の吹く5~10月は暑さも乾燥度もきびしい。地形性降水にやや恵まれる1000m以上の高所の一部に,ネズ,マキなどの疎林がみられるが,1000m以下の低所では,アカシア,ユーフォルビアのまばらなブッシュが卓越し,雨季にのみ水の流れるワジ沿いにこれらは密度を増し,タマリクスなどを交える。…

※「ハムシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android