ハムダーン・カルマト(英語表記)Ḥamdān Qarmaṭ

世界大百科事典 第2版の解説

ハムダーン・カルマト【Ḥamdān Qarmaṭ】

?‐899ころ
イスラムの一派カルマト派の創始者とみなされた人物。イスマーイール派活動家で,サワードの同派の秘密組織の責任者であった。890年ごろクーファの近くに〈隠れ館dār al‐hijra〉をつくり,そこを根拠地として暴力的な活動を行う。899年ごろ,イスマーイール派の主流が後のファーティマ朝カリフの家系をイマームとして認めたとき,これを認めず主流に反旗を翻して姿を消した。このとき,彼を支持したイスマーイール派の活動家は,主流とは別な運動を展開するが,彼らは一般にカルマト派と呼ばれることになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android