コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハムダーン・カルマト Ḥamdān Qarmaṭ

世界大百科事典 第2版の解説

ハムダーン・カルマト【Ḥamdān Qarmaṭ】

?‐899ころ
イスラムの一派カルマト派の創始者とみなされた人物。イスマーイール派活動家で,サワードの同派の秘密組織の責任者であった。890年ごろクーファの近くに〈隠れ館dār al‐hijra〉をつくり,そこを根拠地として暴力的な活動を行う。899年ごろ,イスマーイール派の主流が後のファーティマ朝カリフの家系をイマームとして認めたとき,これを認めず主流に反旗を翻して姿を消した。このとき,彼を支持したイスマーイール派の活動家は,主流とは別な運動を展開するが,彼らは一般にカルマト派と呼ばれることになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハムダーン・カルマトの関連キーワードアルヌルフ[ケルンテン]アルフレッドアルヌルフ[ケルンテンの]アルフレッド[大王]アルフレッドアルフレッド大王アルフレッド(大王)東フランク王国菅原文時中山川

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android