ハムダーン・カルマト(英語表記)Ḥamdān Qarmaṭ

世界大百科事典 第2版の解説

ハムダーン・カルマト【Ḥamdān Qarmaṭ】

?‐899ころ
イスラムの一派カルマト派の創始者とみなされた人物。イスマーイール派活動家で,サワードの同派の秘密組織の責任者であった。890年ごろクーファの近くに〈隠れ館dār al‐hijra〉をつくり,そこを根拠地として暴力的な活動を行う。899年ごろ,イスマーイール派の主流が後のファーティマ朝カリフの家系をイマームとして認めたとき,これを認めず主流に反旗を翻して姿を消した。このとき,彼を支持したイスマーイール派の活動家は,主流とは別な運動を展開するが,彼らは一般にカルマト派と呼ばれることになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android