コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハメル Hendric Hamel

世界大百科事典 第2版の解説

ハメル【Hendric Hamel】

?‐1692
オランダ東インド会社所属の船員漢名哈梅児。1653年,デ・スペルウェール号で台湾から長崎に向かう途中,暴風雨にあい一行38名とともに済州島に漂着。翌年ソウルに護送され,さらに麗水,康津などに監禁されたが,1666年,7名の仲間と脱出,日本を経て帰国した。のち抑留の体験記《蘭船済州島難破記》と付録《朝鮮国記》を著述したが,これは《ハメルの漂流記》として知られ,朝鮮の地理,風俗,政治などを本格的にヨーロッパに紹介した最初の文献となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハメルの関連キーワードリスト(Franz von Liszt、刑法学者)ヘリット・トーマス リートフェルトコア・コンピタンスティディケルト平原ヤーコプ カイザーウェルハウゼンリートフェルト新旧両派の争いスメル[山]スメル山ドゥミ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハメルの関連情報