ハモグリバエ(葉潜蠅)(読み)ハモグリバエ(英語表記)leaf miner fly

世界大百科事典 第2版の解説

ハモグリバエ【ハモグリバエ(葉潜蠅) leaf miner fly】

双翅目ハモグリバエ科Agromyzidaeに属する昆虫の総称。幼虫植物の葉,茎,根などに潜入して生活するのでこのように呼ばれる。成虫は,体長2~5mm,一般に黒色または黒褐色の小型のハエで,雌の産卵管は円錐状に突出し,それを植物の組織に穿入して産卵する。孵化(ふか)した幼虫は,種ごとに独特の潜孔方法で植物を食害する。葉に潜入した場合,食痕は線状のもの,形の不定なもの,最初線状であったものが袋状になるものなど葉の表面に独特の食痕の形が見られ,この形でも種の同定ができる場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android