コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハモグリバエ(葉潜蠅) ハモグリバエ leaf miner fly

1件 の用語解説(ハモグリバエ(葉潜蠅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハモグリバエ【ハモグリバエ(葉潜蠅) leaf miner fly】

双翅目ハモグリバエ科Agromyzidaeに属する昆虫の総称。幼虫が植物の葉,茎,根などに潜入して生活するのでこのように呼ばれる。成虫は,体長2~5mm,一般に黒色または黒褐色の小型のハエで,雌の産卵管は円錐状に突出し,それを植物の組織に穿入して産卵する。孵化(ふか)した幼虫は,種ごとに独特の潜孔方法で植物を食害する。葉に潜入した場合,食痕は線状のもの,形の不定なもの,最初線状であったものが袋状になるものなど葉の表面に独特の食痕の形が見られ,この形でも種の同定ができる場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハモグリバエ(葉潜蠅)の関連キーワード牛蠅寄生蠅刺蠅肉蠅縞蠅虱蠅蚤蠅葉潜虫羊蠅鼈甲蠅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone