コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハヤム・ウルク Hayam Wuruk

1件 の用語解説(ハヤム・ウルクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハヤム・ウルク【Hayam Wuruk】

1334‐89
インドネシア,ジャワのマジャパイト朝最盛期の王(第4代)。在位1350‐89年。本名はラージャサナガラであるが,〈若き雄鶏〉を意味する上記の通称で知られる。第3代の女王である母トリブワナーの死後王位を継ぎ,先代以来の名宰相ガジャ・マダの補佐を受けて国内を平定し,ジャワ以外にも領土ないし勢力範囲を拡大した。まず即位後まもなく西部ジャワのパジャジャラン王国を一時征服したが結局失敗し,ほかの地域に鋒先を転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハヤム・ウルクの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派ジャワ語ジョクジャカルタスマランスラバヤサマラン爪哇マジャパヒト朝ジャワ種 (Java)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone