ハヤム・ウルク(英語表記)Hayam Wuruk

世界大百科事典 第2版の解説

1334‐89
インドネシアジャワマジャパイト朝最盛期の王(第4代)。在位1350‐89年。本名はラージャサナガラであるが,〈若き雄鶏〉を意味する上記の通称で知られる。第3代の女王である母トリブワナーの死後王位を継ぎ,先代以来の名宰相ガジャ・マダ補佐を受けて国内を平定し,ジャワ以外にも領土ないし勢力範囲を拡大した。まず即位後まもなく西部ジャワのパジャジャラン王国を一時征服したが結局失敗し,ほかの地域に鋒先を転じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android