コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラスィモーウィチ ハラスィモーウィチHarasymowicz, Jerzy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラスィモーウィチ
Harasymowicz, Jerzy

[生]1933.7.25. ルベルスキェ,プワウィ
ポーランドの詩人。長年クラクフに在住。独特の寓話性と美しい色彩,みずみずしい感受性に富む第1詩集『奇跡』 Cuda (1956) によって,早くも天稟の才能を認められ,その後 20年間に 22冊の詩集を編んだ。年とともに作風はしだいに内省的,批評的なものとなってきた。詩集『憂愁の塔』 Wiezaˈ melancholii (1958) ,『秋の戸口』 Ma siępod jesień (1962) ,"Znaki nad domem" (1971) ,『肉屋の娘』 Córka rzeźnika (1974) ,『バロック時代』 Barokowe czasy (1974) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハラスィモーウィチの関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android