ハラー(読み)はらー(英語表記)Albrecht von Haller

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハラー(Albrecht von Haller)
はらー
Albrecht von Haller
(1708―1777)

スイスの医学者、植物学者、詩人。ベルンに生まれ、幼少時より各種の学芸に卓抜な才能を発揮した。チュービンゲン大学に学んだのち、ライデン大学でブールハーフェ、アルビヌスBernhard Siegfried Albinus(1697―1770)らに師事し、ついでロンドン、パリ、バーゼルなど各地を遊学した。1736年新設されたゲッティンゲン大学に教授として迎えられ、解剖学、生理学、植物学を担当した。1753年辞職してベルンに帰り、その地で著述を中心とする生活を送った。
 多数の精密な人体解剖と豊富な動物実験、そして鋭い洞察力と緻密(ちみつ)な論理とによって、数々の新発見と新しい生理学理論を構築し、以後の解剖学、生理学に多大の影響を与えた。
 筋肉の収縮力を、単純な物理的弾性によるものとは考えず、筋肉に内在する性質と考え、心臓もまたこの性質をもつとした。また筋肉の収縮(興奮)は、直接筋肉に刺激が加えられておこるのではなく、神経の伝導によるとした。神経に関する研究では、脳や末梢(まっしょう)神経を刺激したり破壊したりして、それによっておこる反応や麻痺(まひ)を調べた。消化器官に関する研究では、着色した液体を用いて乳糜(にゅうび)管が吸収作用をもつことを明らかにした。動脈系に関する研究では、腹腔(ふくくう)動脈とその分枝形式(左胃動脈、脾(ひ)動脈、総肝動脈に三分岐する)を発見(ハラーの腹腔三脚として有名)、またその特殊な形式としての腹腔腸間膜動脈の存在を明らかにした。『人体解剖学図譜』(1743~1756)と『人体生理学要綱』(1757~1766)はいずれも全8巻のラテン語による大著で代表作である。医学百科事典を執筆したほか、植物学者としてスイス地方の植物を研究、また詩人、伝記作家としても一家をなし多彩な才能を発揮した。[澤野啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハラーの関連情報