コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリガネ

1件 の用語解説(ハリガネの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ハリガネ

からだ細い樹枝状であり,盤状付着器から叢生し,枝は概ね扁平であるが,基部は円柱状。 枝は叉状に分岐し,枝の縁から不規則に小枝を出す。小枝は時に細かく叉状に分岐して扇状に広がる。本種は形態変化が著しいため,全く小枝を持たないもの や,全体にわたり小枝を多数出すものなどもある。波当たりのやや強い低潮線付近の岩上に優占する。皮層には小さな細胞が密に並び,髄層には厚い細胞壁を持 つ円形から楕円形の細胞が見られ,ムカデノリ科やスギノリ科などが持つ糸状細胞は見られない。手触りは硬い軟骨質。生体は暗紫紅色〜紅色。押し葉標本は台 紙によくつかない。銚子の磯ではもっとも普通にみられる海藻である。体上にワツナギソウ,カザシグサ,スジウスバノリ,ベニヒバなど,様々な藻類が付着する様子もよく見られる。外見がよく似ているものとしてツノムカデがあるが,切片で内部構造を見比べることで区別できる(ツノムカデの髄層には糸状細胞がある)。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハリガネの関連キーワードアカモクイギス赤珊瑚樹枝樹枝状華樹枝状樹枝状連晶樹枝状表面成長発散型樹枝状組織樹枝状熔岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハリガネの関連情報