コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリコフ州 ハリコフKhar'kov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリコフ〔州〕
ハリコフ
Khar'kov

ウクライナ北東部の州。州都ハリコフ。中央ロシア高地南西部にあり,大部分がドネツ川流域に属する。森林ステップ,ステップ地帯に入る。ウクライナの工業中心州の一つで,住民の半数以上が州都ハリコフに集中している。特に機械工業が発展,工作機械や航空機の製造,石炭,食品,印刷などの工業用設備製作が盛んで,そのほか繊維,皮革,印刷,化学,食品 (乳製品) ,木材加工なども主要工業部門である。また,ウクライナの重要な天然ガス生産地 (シェベリンカ・ガス田) を含み,ウクライナ各地のほか,モルドバ,モスクワなどへガスパイプラインで移出している。農業は冬コムギ,トウモロコシ,オオムギ,野菜などの栽培,畜産が中心である。州内交通はハリコフから放射状に出ている鉄道,ハイウェーによる。面積3万 1400km2。人口 319万 4800 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハリコフ州の関連キーワードウラジーミル ドゥディーンツェフアレクセイ ルミャーンツェフドゥジーンツェフポリャンスキーイジュームバラクレヤ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android