コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリセンボン(針千本) ハリセンボンporcupine puffer

1件 の用語解説(ハリセンボン(針千本)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハリセンボン【ハリセンボン(針千本) porcupine puffer】

俗にハリフグともいう。フグ目ハリセンボン科の海産魚(イラスト)。本州中部以南,世界各地の温帯から熱帯にかけて広く分布する。体はまるく,上下両あごの各2枚の歯は中央で癒合していない。体表のほぼ全面にうろこの変形した可動性の長くて強いとげがあり,ふだんは倒れているが,刺激に反応して腹をふくらませるといっせいに直立して,全身がいが栗状になる。この魚の名称もこれに由来する。全長40cm。浅海の岩礁付近などにすみ,4~8月ころ,南西諸島から台湾,フィリピン付近で産卵し,稚魚は黒潮,対馬暖流にのって日本沿岸に達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハリセンボン(針千本)の言及

【とげ(棘)】より

…捕食や防御などに役だっているものも多いが,それぞれの機能的意味を推測しにくいものも少なくない。哺乳類のヤマアラシなどの体表をおおうとげは,表皮の外につくられる毛が変質したものであり,魚類のハリセンボンなどのとげは,真皮の中でつくられる皮骨であるうろこが変形して体外へ突出したもの,ひれのとげはひれを支える骨から伸びた鰭条(きじよう)が硬く変質したものである。魚類などの一部の脊椎骨には背腹に伸びたとげ状の突起があって神経棘(きよく),血管棘といわれ,後体部でよく発達し,体の支持に役だっている。…

【針供養】より

…これら両日を厄日と考え,一つ目小僧や厄病神の来訪を説いて,山へ入るなとか仕事を早く切りあげて家で静かにしていよとする伝承が東日本を中心に各地にあるが,針仕事を休むというのも,これらの日が仕事を避けて忌籠(いみごもり)すべき日であったからだと思われる。北陸地方の沿岸部では,12月8日には海が荒れてハリセンボン(針千本)という魚が打ち上げられるが,それを軒につるして厄よけにしたり,富山県のように嫁いじめの伝説と結合させ,嫁が投身してハリセンボンになって吹き上げられ姑の顔に食いついたという話を伝えている所もある。いずれも厄神来訪の伝承に関連あるものであろう。…

※「ハリセンボン(針千本)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone