コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリヒラタケ(針平茸) ハリヒラタケSteccherinum septentrionale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリヒラタケ(針平茸)
ハリヒラタケ
Steccherinum septentrionale

担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科。エゾハリタケ (蝦夷針茸) ともいう。枯れ木の幹に発生する。傘は柄を欠き,水平に多数重なって大きな塊になる。大型のものは径 15cm以上にもなる。傘の表面には細毛が密生し,生のものは白く,乾くと皺を生じ赤みがかった黄色になる。裏面は長さ6~18mmの細円柱状の突起を密生し,乾くと褐色がかった赤色になる。北海道,本州,九州に産し,北アメリカヨーロッパシベリアにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報