ハリブキ(針蕗)(読み)ハリブキ(英語表記)Oplopanax japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリブキ(針蕗)
ハリブキ
Oplopanax japonicus

ウコギ科の落葉低木で,九州を除く各地の亜高山帯針葉樹林に生える。幹はしばしば斜めに立ち,高さ 1m以内で葉とともに一面に鋭いとげがある。葉は大型で有柄,径 30cmほどで掌状に浅く分裂し,裂片はとがる。夏,茎頂に円錐花序を直立させ,帯緑白色の小花を多数つける。花弁は5枚あり,球形果実は赤く熟する。ごく近縁の種類が北アメリカ東部にあり,太平洋をはさむ分布として有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android