コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルシャ・バルダナ Harṣa‐vardhana

世界大百科事典 第2版の解説

ハルシャ・バルダナ【Harṣa‐vardhana】

?‐646か647
古代インド,プシュヤブーティPuṣyabhūti(バルダナVardhana)朝の王。在位605か606‐646か647年。ハルシャと略称され,またシーラーディティヤŚīlāditya(戒日王(かいじつおう))の称号でも知られる。兄王が不慮の死を遂げたあと,父祖以来のターネーサルの王国と,義弟の死で空位になったマウカリ朝の領土とを合わせたガンガー(ガンジス)上流域の大国の王位についた。その後,ガンガー河畔のカニヤークブジャ(カナウジ,曲女城(きよくめじよう))を都と定め,宿敵であったベンガルのシャシャーンカ王を討つなど四周に兵を進め,北インドの大半を統一した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハルシャ・バルダナの言及

【インド演劇】より

…詩聖カーリダーサ(4~5世紀)は傑作《シャクンタラー》劇によってインド劇の真価を世界に知らしめたが,彼はほかに2編の戯曲を残している。中インド曲女城(カナウジ)の戒日王として知られたハルシャ・バルダナ(在位606‐647)は,仏教劇《ナーガーナンダNāgānanda(竜王の喜び)》ほか2編の戯曲を残した。劇作家としてカーリダーサと並び称せられるのは,《マーラティーマーダバMālatīmādhava》ほか2編の作者ババブーティ(8世紀)である。…

※「ハルシャ・バルダナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハルシャ・バルダナの関連キーワードプラケーシン[2世]ヤショーバルマンマイトラカ朝ナーランダーパーラ朝

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android