コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルノタムラソウ(春の田村草) ハルノタムラソウSalvia ranzaniana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルノタムラソウ(春の田村草)
ハルノタムラソウ
Salvia ranzaniana

シソ科の小型の多年草で,本州の中南部,四国,九州に分布し,山地や谷間に生える。茎は方形で直立し,高さ 15cmぐらいになる。根出葉はロゼット状をなし,茎葉は対生して羽状に分れる。4~6月に総状花序を出し,小花を輪生状に数段につける。萼は2唇形で毛があり,花冠は白色に近い淡紫色で長さ約 8mmの唇形をなす。4個の分果は楕円形で長さ約 2mm。近縁種アキノタムラソウ (秋の田村草) ,ヒメタムラソウなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android