ハルパストン(読み)はるぱすとん

世界大百科事典内のハルパストンの言及

【ハンドボール】より

…そのため前者をチームハンドボールと称して区別している。
[沿革]
 この種の球技の起源はきわめて古いと思われ,古代ギリシア・ローマ時代にもハルパストンharpaston(持ち去るの意)と呼ばれるハンドボールがあった。しかし近代スポーツとしてのハンドボールは,19世紀末になってスウェーデン,デンマーク,ドイツで行われていた球技が整備されていったもので,1919年にドイツのK.シェレンツが競技規則を体系づけ,翌20年ベルリン体操連盟により公刊された。…

※「ハルパストン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android