コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハワイ島のカメハメハ大王像 ハワイとうのカメハメハだいおうぞう

1件 の用語解説(ハワイ島のカメハメハ大王像の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハワイとうのカメハメハだいおうぞう【ハワイ島のカメハメハ大王像】

アメリカのハワイ州ハワイ島北部の町カパアウに建つ大王像。王の銅像といえば、ホノルルハワイ裁判所前にあるものが有名だが、オリジナルカメハメハ大王の生誕地として知られるこの町に建っている。1880年代にパリで制作され、ハワイへ輸送する途中に船が沈没し、海から引き揚げられたときには再度つくった像が完成していたが、オリジナルは生誕地のカパアウに建立されることになった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハワイ島のカメハメハ大王像の関連キーワードハワイアン音楽ハワイ諸島マウナケアコナマラソンはわいハワイウォータービッグアイランド国際マラソンラニ・ハワイハワイ[諸島]ハワイ火山国立公園

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone