ハワイ島のカメハメハ大王像(読み)ハワイとうのカメハメハだいおうぞう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハワイとうのカメハメハだいおうぞう【ハワイ島のカメハメハ大王像】

アメリカのハワイ州ハワイ島北部の町カパアウに建つ大王像。王の銅像といえば、ホノルルのハワイ旧裁判所前にあるものが有名だが、オリジナルはカメハメハ大王の生誕地として知られるこの町に建っている。1880年代にパリで制作され、ハワイへ輸送する途中に船が沈没し、海から引き揚げられたときには再度つくった像が完成していたが、オリジナルは生誕地のカパアウに建立されることになった。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android