ハワイ蜜吸(読み)ハワイミツスイ(英語表記)Hawaiian honeycreeper

世界大百科事典 第2版の解説

ハワイミツスイ【ハワイ蜜吸 Hawaiian honeycreeper】

スズメ目ハワイミツスイ科Drepanididaeの鳥の総称。この科は13属約23種からなり,ハワイ諸島の特産。ハワイミツスイ類は,競争者のいない島嶼(とうしよ)で適応放散を遂げた結果,一つの科の中でさまざまな形のくちばしをもった種が進化した実例として著名である。全長10~20cm。羽色は緑色ないし黄色を主色としたものが多いが,赤色や黒色を主色とした種もある。くちばしと舌の形態は,食物の種類と採食方法とに適応している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android