ハワード(Henry Howard, Earl of Surrey)(読み)はわーど(英語表記)Henry Howard, Earl of Surrey

  • 1517?―1547

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの詩人。サリー伯ともよばれる。ヘンリー8世のために武人として活躍するが、無実の反逆罪に問われて処刑された。イタリアのソネットを英語に適した押韻に修正して移植し、ウェルギリウスの『アエネイス』の英訳にあたり、弱強五歩脚無韻の詩形を英詩史上初めて用いた。彼の典雅な詩は、T・ワイアットのそれとともに、イギリス近代詩の先駆的アンソロジー『トッテル詩華集』の重要な部分を占めている。

[藤井治彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android