コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンガリー記法

1件 の用語解説(ハンガリー記法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハンガリー記法

プログラム中の変数の命名法のひとつ。本来の変数名の先頭に、その変数のデータ型を表す数文字の小文字プレフィックス呼ばれる)を付加するもの。ハンガリー出身でマイクロソフトプログラマーだったCharles Simonyi氏が考案。「ハンガリアンネーミング」「ハンガリアン」記法とも呼ぶ。ただし、オブジェクト指向プログラミングとハンガリー記法相性が悪い。個々のオブジェクトも特定の型を持つが、派生元、派生先のオブジェクトとしても扱うことでプログラムの開発を効率化するのがオブジェクト指向プログラミングであり、オブジェクト名に特定の型名を付加するハンガリー記法は、オブジェクト指向プログラミングの主旨に反するからである。そのため、オブジェクト指向プログラミングの普及とともにハンガリー記法で変数を命名することは少なくなっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンガリー記法の関連キーワードグローバル変数サービスプログラム制御プログラムソースプログラムマクロプログラム制御プログラム売買再帰プログラムプログラムソースプログラムライブラリー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone