コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンショウヅル(半鐘蔓) ハンショウヅルClematis japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンショウヅル(半鐘蔓)
ハンショウヅル
Clematis japonica

キンポウゲ科の落葉性のつる植物。本州,四国,九州に分布し,各地の山林のへりなどに生える。茎は細長くて暗紫色で木化している。葉は柄があって対生し,3小葉から成る複葉でやや硬い。葉柄は茎とともに暗紫色で,小葉は長さ5~10cmあり鋸歯が目立つ。初夏の頃に葉腋から花茎を出し,紅紫色の花を単生する。花は鐘形で下垂して咲き,全開しない。萼片は4個で花弁状となり,長楕円形で本来の花弁はない。痩果には花柱が変化した白色の羽毛がつき,長さ約 4cm。高山性の近縁種ミヤマハンショウヅル C. alpinaは北半球の高山帯や寒帯に分布し,葉は2回3出する。花が大きく美しく,4萼片の鐘形花の内部にさらに数片の花弁がある。日本では本州中部と北海道の高山にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハンショウヅル【ハンショウヅル(半鐘蔓) Clematis japonica Thunb.】

林のなかや縁に生えるキンポウゲ科の落葉・つる性の植物(イラスト)。茎は木質。葉は対生し,3枚の小葉よりなる。小葉は卵形で先はとがり,鋸歯がある。葉柄は長くて他物に絡まる。前年に伸びた茎についた葉の腋芽(えきが)が,今年の春に伸長して新しい枝となり,その基部に少数の花を,ふつう葉とともにつける。花期は5~6月。花柄は長さ6~12cm,葉よりも長く,中部に1対の小型の小苞をつける。花は鐘状で下を向いて咲き,長さ2.5~3cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハンショウヅル(半鐘蔓)の関連キーワードセンニンソウ(仙人草)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android