コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンス・フォン・ブルクハウゼン Hans von Burghausen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンス・フォン・ブルクハウゼン
Hans von Burghausen

[生]1360頃
[没]1432
ドイツ後期ゴシックの建築家。別名ハンス・フォン・シュテットハイマー。ランツフートを中心に主としてバイエルンで活動。 14世紀後半の P.パーラーの建築様式を大規模なホール空間に発展させた。代表作はランツフートのザンクト・マルティン聖堂,ザルツブルクのフランシスコ聖堂内陣。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハンス・フォン・ブルクハウゼンの関連キーワード清原良賢アンコール・ワット勘合貿易徐寿輝太田道灌観世元雅北条早雲メフメットビバリーニ[一族]ポライウオロ[兄弟]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android