コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンス・フォン・ブルクハウゼン Hans von Burghausen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンス・フォン・ブルクハウゼン
Hans von Burghausen

[生]1360頃
[没]1432
ドイツ後期ゴシックの建築家。別名ハンス・フォン・シュテットハイマー。ランツフートを中心に主としてバイエルンで活動。 14世紀後半の P.パーラーの建築様式を大規模なホール空間に発展させた。代表作はランツフートのザンクト・マルティン聖堂,ザルツブルクのフランシスコ聖堂内陣。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハンス・フォン・ブルクハウゼンの関連キーワード名手荘清原良賢アンコール・ワット勘合貿易徐寿輝太田道灌観世元雅北条早雲メフメット真臘

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android