コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンセン病と名前

1件 の用語解説(ハンセン病と名前の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハンセン病と名前

患者の隔離は明治時代に国策で始まり、次第に強化された。療養所では「偽名」や「園名」を使う生活を強いられた。家族に迷惑をかけないためだと説明されたという。肉親との縁、社会とのかかわりを絶たれ、自殺する人も珍しくなかった。特効薬で病気が治るようになった後も偏見と差別で退所できなかった人は少なくない。療養所で亡くなった人のほとんどは所内の納骨堂に偽名・園名で納められてきた。らい予防法が廃止された1996年以降、身内が分骨するケースが増えてきている。現在、全国13カ所にある国立の療養所で約1900人が暮らしている。

(2014-03-16 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンセン病と名前の関連キーワード強制隔離五色の酒団茶検疫官三番瀬始まり熊本地裁判決ハンセン病の隔離政策北海道と大麻山崎心月

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンセン病と名前の関連情報