ハンセン病の隔離政策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1907年、「(らい)予防ニ関スル件」との法律ができ、ハンセン病患者の隔離政策が始まった。53年「らい予防没に改正されたが「終生隔離撲滅主義」は変わらず、「ハンセン病は治らない、怖い病気」との偏見を助長する結果になった。96年予防法廃止、2001年「遅くとも1960年以降は隔離の必要性はなく、隔離政策は憲法違反」との熊本地裁判決が出され、国は控訴せずに責任を認めた。

(2008-06-07 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンセン病の隔離政策の関連情報