コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンセン病の隔離政策

1件 の用語解説(ハンセン病の隔離政策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハンセン病の隔離政策

1907年、「癩(らい)予防ニ関スル件」との法律ができ、ハンセン病患者の隔離政策が始まった。53年「らい予防没に改正されたが「終生隔離撲滅主義」は変わらず、「ハンセン病は治らない、怖い病気」との偏見を助長する結果になった。96年予防法廃止、2001年「遅くとも1960年以降は隔離の必要性はなく、隔離政策は憲法違反」との熊本地裁判決が出され、国は控訴せずに責任を認めた。

(2008-06-07 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンセン病の隔離政策の関連キーワードハンセン病ビデフットケア感染症予防法身上監護水害予防組合反復興奮系の法則抜け毛予防窪田静太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンセン病の隔離政策の関連情報