コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンナングループによる偽装牛肉事件

1件 の用語解説(ハンナングループによる偽装牛肉事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハンナングループによる偽装牛肉事件

牛海綿状脳症(BSE)対策として、国は01年10月の全頭検査前に解体された国産肉を買い上げ、焼却処分する事業を実施。大阪府警と大阪地検特捜部は04年、輸入肉を国産肉と偽って多額の補助金を不正受給したなどとして、ハンナングループを当時率いていた浅田満被告らを詐欺容疑などで逮捕・起訴した。

(2010-11-26 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンナングループによる偽装牛肉事件の関連キーワード海綿状組織プリオンウシ海綿状脳症狂牛病牛海綿状脳症肉骨粉特定危険部位クロイツフェルト-ヤコブ病BSE(牛海綿状脳症)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone