コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンブルク市庁舎 ハンブルクしちょうしゃ

1件 の用語解説(ハンブルク市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハンブルクしちょうしゃ【ハンブルク市庁舎】

ドイツの首都ベルリンの北西250km、同国北部の大都市ハンブルク(Hamburg)の、アルスター湖(南岸)のほとりに建つネオルネサンス様式の建物。1886年に着工し、1897年に完成した。建物中央に高さ112mの尖塔があり、柱が4000本もあるという巨大な建物で、部屋数はロンドンバッキンガム宮殿よりも多い647部屋である。その内装も豪華である。建物内部には州議会の議事堂もある。地下には有名なレストラン「ラーツヴァインケラー」がある。内部を見学できるガイドツアーが用意されている(所要時間1時間)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンブルク市庁舎の関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ウンターデンリンデン通りベルリン大聖堂ポツダム広場ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンブルク市庁舎の関連情報