ハンブルク市庁舎(読み)ハンブルクしちょうしゃ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハンブルクしちょうしゃ【ハンブルク市庁舎】

ドイツの首都ベルリンの北西250km、同国北部の大都市ハンブルク(Hamburg)の、アルスター湖(南岸)のほとりに建つネオルネサンス様式の建物。1886年に着工し、1897年に完成した。建物中央に高さ112mの尖塔があり、柱が4000本もあるという巨大な建物で、部屋数はロンドンのバッキンガム宮殿よりも多い647部屋である。その内装も豪華である。建物内部には州議会の議事堂もある。地下には有名なレストラン「ラーツヴァインケラー」がある。内部を見学できるガイドツアーが用意されている(所要時間1時間)。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android