コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンユニフィケーション Han unification

デジタル大辞泉の解説

ハン‐ユニフィケーション(Han unification)

ユニコードを策定する際に行われた、漢字の統合作業のこと。日本語・中国語・朝鮮語で使われている漢字のうち、由来や意味を同じくする文字を一つのコードにまとめたもの。日本を中心とする東アジアの漢字文化圏の諸国から反発を招き、後にハングルの追加や異体字表現の見直しが図られた。統合により作成された漢字はCJK統合漢字とよばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android