ハーッジュ・ゼイノル・アーベディーン(読み)はーっじゅぜいのるあーべでぃーん

世界大百科事典内のハーッジュ・ゼイノル・アーベディーンの言及

【イブラーヒーム・ベク】より

…トルコのイスタンブール在住のイラン商人ハーッジュ・ゼイノル・アーベディーンḤājj Zeyn al‐‘Abedīn(1837‐1910)が著したヨーロッパ的な技法にもとづく最初のペルシア語小説《イブラーヒーム・ベクの旅行記》(1909)の主人公の名。著者は主人公をエジプト在住のタブリーズ商人の子と設定し,彼を故国イランに帰らせ国内を旅させるという筋書を立てながら,カージャール朝の旧弊な専制体制を批判し,立憲制と愛国心とを鼓舞した。…

※「ハーッジュ・ゼイノル・アーベディーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる