コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーティム・アッターイー Hātim al-Tā'ī ibn `Abd Allāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーティム・アッターイー
Hātim al-Tā'ī ibn `Abd Allāh

古代アラビアの詩人。6世紀後半の人で,よく人を容れ,厚く客を遇するなど,典型的なアラブ騎士として後世まで名を残した。伝説によれば,幼時に父を失い祖父に養われたが,あまりにも物を惜しまずに他人に与えるので,ついに祖父からも捨てられた。死後もその亡霊が現れて彼の墓前に野営する旅人をもてなしたという。その墓は中央アラビアのワーディー・ハーイルにあって,生前に客をもてなすのに使った大鍋がその前に置かれてあったと記録にある。彼の「ディーワーン」 (個人詩集) というものが残っているし,またその事績を物語化したものは,広くイスラム世界に行われ,ペルシア語,ウルドゥー語,マレー語などの「ハーティム・ターイー物語」が数多くつくられ,世にもてはやされてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハーティム・アッターイーの関連キーワードイブヌル・アラビー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android