コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハードディスクの容量 はーどでぃすくのようりょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハードディスクの容量

ハードディスクの容量にもいろいろある。まず(1)装置としてのドライブ単体の全体容量、そして(2)論理的に区切られた1つのドライブとしての全体容量、(3)論理的に区切られた1ドライブの空き容量、である。マイ コンピュータを開いて確認できるのは(2)と(3)であり、とくに(3)の空き容量は肝心だ。装置としてのドライブは複数の論理ドライブとして利用できる(パーティションに分ける、切る、という)。物理的には1つのドライブしかないのに、複数のドライブがマイコンピュータなどで見える場合は、複数の論理ドライブに分割されていることを示す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハードディスクの容量の関連情報