コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーパーズ・マガジン Harper’s Magazine

世界大百科事典 第2版の解説

ハーパーズ・マガジン【Harper’s Magazine】

1850年,ニューヨークのハーパー・ブラザーズ社が創刊した月刊誌。はじめ幅の広い文学雑誌としてイギリス文人の興味をひき,ディケンズ,サッカレー,トロロープ,T.ハーディなども寄稿したが,1870年ごろからアメリカ文学者が多くなり,メルビル,H.ジェームズ,ハウエルズ,マーク・トウェーンなども寄稿。20世紀に入ってからは政治や社会問題を扱うことが多くなり,自由主義的立場を鮮明に示す。【志村 正雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハーパーズ・マガジンの関連キーワードアトランティック・マンスリーハーパーコリンズハウェルズデ・ボートアビー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android