コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーフィズ・イ・アブルー Ḥāfiẓ‐i Abrū

世界大百科事典 第2版の解説

ハーフィズ・イ・アブルー【Ḥāfiẓ‐i Abrū】

?‐1430
ティムール朝の歴史家。ヘラートまたはハーフに生まれ,ハマダーンにて教育を受ける。ティムール,シャー・ルフ,バイスングル3代に仕えて,多数の歴史書・地理書を編纂し,以後の歴史編纂にモデルを提供する。1430年,アゼルバイジャン旅行中にザンジャーンにて没した。主要著作は,《集史続編Dhayl‐i Jāmi‘ al‐Tawārīkh》《年代記集成》《歴史の精髄》。【加藤 和秀】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハーフィズ・イ・アブルーの関連キーワードビータウタス中世ヨーロッパの音楽ムルチャー宙に浮いた年金記録新生銀行青函トンネルオケゲム伽倻山クリスチーヌドピザンクルク島

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android