コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーリド・ブン・アルワリード Khālid b.al‐Walīd

1件 の用語解説(ハーリド・ブン・アルワリードの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハーリド・ブン・アルワリード【Khālid b.al‐Walīd】

?‐642
〈神の剣〉とたたえられた初期イスラム時代の軍人。初めイスラムに敵対していたが,629年,メディナに来て改宗。633年,ムハンマド没後の諸反乱(リッダ)を平定後イラクに進軍し,次いでシリアに転戦した。636年,ビザンティン軍をヤルムークの戦で撃破し,アラブのシリア征服を不動のものとした。しかし,第2代カリフウマル1世と対立し,この戦いを最後にヒムス(ホムス)に隠退した。【花田 宇秋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハーリド・ブン・アルワリードの関連キーワードプロトタイプ曹植潭水湛湛一溜まりもない堪えられない称え名ハサンバスリー波の伊八

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone