ハーリド・ブン・アルワリード(英語表記)Khālid b.al‐Walīd

世界大百科事典 第2版の解説

ハーリド・ブン・アルワリード【Khālid b.al‐Walīd】

?‐642
〈神の剣〉とたたえられた初期イスラム時代の軍人。初めイスラムに敵対していたが,629年,メディナに来て改宗。633年,ムハンマド没後の諸反乱(リッダ)を平定後イラクに進軍し,次いでシリアに転戦した。636年,ビザンティン軍をヤルムークの戦で撃破し,アラブのシリア征服を不動のものとした。しかし,第2代カリフ,ウマル1世と対立し,この戦いを最後にヒムス(ホムス)に隠退した。【花田 宇秋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android