コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハールグ[島] Khārq

世界大百科事典 第2版の解説

ハールグ[島]【Khārq】

イランのブーシェフルの沖合55kmにあるペルシア湾内の島。日本ではカーグ島とよばれることが多い。南北8km,東西4km。中世には真珠採取,ティグリス・ユーフラテス河口のバスラからオマーン,インドに至る海上交通寄港地として知られた。18世紀後半,オランダ,フランスの東インド会社の貿易基地となったが,1838‐42年,56年にイギリスが占領。第2次世界大戦後の1950年代以降,石油輸出が急速に伸びたことにより,水深の浅いペルシア湾にあって大型タンカーが接岸できるイラン原油積出港として発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハールグ[島]の関連キーワード自動車アセスメント海上警備行動数値予報ガウリサンカール[山]グダンスク湾コトパクシ[山]娘子関駿河湾瀬戸内海セント・ローレンス[島]

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android