バアル神話(読み)ばあるしんわ

世界大百科事典内のバアル神話の言及

【シリア・カナン神話】より

…粘土板は,たちまち世界の言語学者の注目を集め解読作業が開始された。このようにして,30年には,最初のラス・シャムラ刻文テキストが復元され,王室文書をはじめとして,これまで未知であったバアル神話やケレト王の叙事詩など古代ウガリト文学の全容が,初めて明らかにされたのである。 それによると,これらの文書が記録された前14,前13世紀の時代,ウガリトは世襲による王制とかなり整備された官僚組織をもつ都市国家として,東部地中海世界に君臨していた。…

※「バアル神話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android