コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイ[湖] Laguna de Bay

世界大百科事典 第2版の解説

バイ[湖]【Laguna de Bay】

フィリピン,ルソン島南部の湖。最近ではたんに〈ラグナ(湖)〉とも呼ばれる。マニラの南東部からラグナ,リサール両州にまたがって広がり,湖水面積891km2はフィリピン最大である。マニラ湾東岸部における軽い曲隆と湖南地方一帯の火山活動に伴う噴出物残滓の堆積により,マニラ湾の一部が切断されてできたと考えられる。湖底には火山性降下物がたまって水深は大部分で5m未満と浅いが,古来漁場,交通路として周辺住民の重要な生活の場となってきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android