コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイ[湖] Laguna de Bay

世界大百科事典 第2版の解説

バイ[湖]【Laguna de Bay】

フィリピン,ルソン島南部の湖。最近ではたんに〈ラグナ(湖)〉とも呼ばれる。マニラの南東部からラグナ,リサール両州にまたがって広がり,湖水面積891km2はフィリピン最大である。マニラ湾東岸部における軽い曲隆と湖南地方一帯の火山活動に伴う噴出物残滓の堆積により,マニラ湾の一部が切断されてできたと考えられる。湖底には火山性降下物がたまって水深は大部分で5m未満と浅いが,古来漁場,交通路として周辺住民の重要な生活の場となってきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android