バイエル・ピアノ教則本(読み)バイエルピアノきょうそくほん

百科事典マイペディアの解説

バイエル・ピアノ教則本【バイエルピアノきょうそくほん】

ドイツの作曲家バイヤーバイエル)Ferdinand Beyer〔1803-1863〕がピアノの初心者のために書いた教則本。1880年に来日した米国の音楽教育家L.W.メーソン〔1828-1896〕が日本に持ち込んだ。本国ドイツでは現在まったく使われておらず,日本でのみ極端な普及をみた。その後バルトークの《ミクロコスモス》やカバレフスキーの作品をはじめ,教育用のすぐれたピアノ曲が数多く登場し,すでに時代遅れの教材となっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android