バイオアベーラビリティ(読み)ばいおあべーらびりてぃ

世界大百科事典内のバイオアベーラビリティの言及

【血中濃度】より

…このデータの基礎となるのは,その製剤を服用したときの血中濃度であり,実際には,最大血中濃度と,血中濃度の推移を時間に対して目盛ったときに得られる曲線によって囲まれる面積が違わなければ,吸収性は違わないと判定される。なお,この吸収性のことを専門用語では生物学的利用性(バイオアベーラビリティbioavailability)と呼ぶ。 なお,このほか,血中濃度の測定は,酩酊度を測る血中アルコール濃度の測定や,麻薬,覚醒剤の中毒の判定などに際しても行われることがある。…

※「バイオアベーラビリティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android