バイガチ[島](英語表記)Ostrov Vaigach

世界大百科事典 第2版の解説

バイガチ[島]【Ostrov Vaigach】

ロシア連邦北西部,北極海のユーラシア側の島。ノバヤ・ゼムリャ島とともにカラ海(東)とバレンツ海(西)を分ける。大陸との間はユゴルスキー・シャル海峡により,ノバヤ・ゼムリャ島との間はカルスキエ・ボロタ海峡によって隔てられる。面積約3400km2,最高点170m。地質はケツ岩,砂岩,石灰岩などからなり,地表は極地性ツンドラで,低地には湿原が広がる。多くの短い川(20~30km)が流れ,早瀬や瀑布が無数にみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android